転職」タグアーカイブ

低学歴の高卒が営業職に転職するためのたった1つのコツ

「低学歴の高卒 営業に転職」

低学歴の高卒でも営業職に転職できる

「自分は低学歴の高卒だから……」と、営業職になることを諦めていませんか? 実は、低学歴の高卒の人であっても、営業職に転職できている人はたくさんいます。つまり、諦める必要は全くありません。

「どうせズルしているんでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、ここでは、ズルい方法ではなく、ちゃんとしたやり方で営業職になれる方法を伝授します。

もちろんですが、枕営業も「なし」です。これはズルというよりかは、かなりリスキーな営業方法ですし、当サイト(私)は枕営業をおすすめしておりません(当サイト名は、枕営業転職ドットコムではなく、営業転職ドットコムですよね。)。

・低学歴の高卒でも営業職の正社員になれる!
・ズルをせずに営業職の正社員になる方法を伝授!
・枕営業も必要なし!

私が紹介する方法で転職活動を進めると、「低学歴な高卒の自分でも、営業になれるんだ!」ということが、少しずつわかってきます。

少ない努力で営業職に転職できた高卒の「ある共通点」:手伝ってもらう

少ない努力というのは、無駄な努力をしないという意味です。全く努力しないわけではありません。実際に、努力をせずに転職することはできません。しかし、無駄な努力をしないで、できるだけ少ない努力で転職したいものです。

確かに、努力をするのは良いことです。しかし、無駄な努力は避けて、正しい努力で効率的に成果を出したいですよね。

転職活動も同じです。正しい努力をすれば、効率的に転職することができます。まずは、これを理解していただくことが大切です。

要点をまとめると……

・無駄な努力をしないこと!
・正しい努力をすること!

この2つだけです。無駄を省いて、転職活動を効率的におこなうことが大切です。

例えば、「会社の人に転職活動がバレたらまずいから、インターネットで求人を探していこう!」と1人だけの力で転職を頑張ろうとする人が多いです。しかし、これをしてしまうと絶対に苦労することになります。

つまり、無駄な努力に分類されます。完全に無駄というわけではありませんが、はっきりというと「遠回り」だと思います。例えるなら、正常なバイクに乗って3分ほどで行けるお店に、わざわざ、徒歩で30分かけてゆっくりと行くようなものです。これでは無駄が多すぎます。

では、どのようにすれば少ない努力で転職を成功させることができるのでしょうか。実は、少ない努力で営業職に転職できた高卒の人には「ある共通点」があります。

その共通点は、他人に手伝ってもらったということです。しかし、「親や友人のコネ(つながり)で入社する」というわけではありません(「コネ入社は楽でいいよなぁー」と思いましたか?!)

では、誰に転職を手伝ってもらえば良いのでしょうか。それは、転職エージェントという転職の専門家(プロ)です。転職エージェントは転職させることのプロなので、転職についてのアドバイスは得意です。

つまり、転職エージェントに相談すれば、低学歴の高卒でも安心して転職できるような求人を紹介してもらえます。その中に「営業職」の求人がたくさんあるのです。

この「転職エージェントに相談する」というたった1つのコツを知ることで、
無駄に苦労しないで済みます

・転職エージェントを利用して、効率的に転職しよう!

低学歴の高卒でも利用しやすい転職エージェントを使う

転職エージェントとはいっても、どの転職エージェントでも良いわけではありません。学歴に自信のない高卒に向いている転職エージェントを利用するのがおすすめです。

例えば、キャリアスタートDYM転職なら、学歴にあまり自信のない高卒にも合いそうな営業職の求人を、紹介してもらえます。なぜなら、そういった人向けの転職エージェントだからです。

実は私は普段、パソナキャリアを最もおすすめしているのですが、低学歴の高卒向きの転職エージェントではないので、今回はおすすめしていません。

では、「低学歴向き」と「低学歴向きではない」転職エージェントの違いは何なのでしょうか。皆さん、わかりますでしょうか?

正解は、企業が「低学歴の人でもOK」としているのか「低学歴の人はお断り」としているのかの違いです。

これは、転職エージェントと企業の連携の仕組みを理解しないといけないですし、説明が無駄に長くなりそうなので、詳細な説明は省きます。

簡単に説明しますと、企業側が「こういった人を我が社に転職させてきてほしい。」と転職エージェントに依頼します。そして、転職エージェントはそれにふさわしい転職希望者に対して、その企業を紹介する……という流れになっています。

企業と転職エージェントのつながり

ですから、企業側が「学歴なんてものはどうでもいいから、とにかく人がほしい! 人をよこせ!」と転職エージェントにお願いすれば、転職エージェントは低学歴の転職希望者に対して、その企業を紹介できるのです。

企業側が提示する条件として、「学歴も実績も気にしない! 誰でもOK!」というのは、寛大で好印象な気がします。しかし、よく考えると「それだけ人手が足りていない状況である」ということですので、正直なところ、スーパーホワイトな求人ではないと思います。

当然ながら、「俺は1日の残業が平均3時間でも平気だぜ! ぬるま湯なんか浸ってんじゃねーよ!」という方でしたら、大丈夫だと思います。

しかし、ほとんどの方は今の職場に何かしらの不満があって、転職を考えていらっしゃると思います。これを「ネガティブな転職理由」といいます。

逆に、「スキルアップしたい!」、「社会貢献のフィールドを広げたい!」といった理由(ポジティブな転職理由)で転職を考えていらっしゃる方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

ネガティブな転職理由が悪いわけではありませんが、ある程度の「妥協できる点」を持つことが大切です。例えば……

・残業時間は1日3時間程度なら妥協できる。
・人間関係が多少うまくいかなくても妥協できる。
・時給は1000円ほどで妥協できる。

上記のような妥協点が1つでもあれば、低学歴の高卒向きの転職エージェントを利用しても良いと思います。

その低学歴の高卒向きの転職エージェントが、キャリアスタートかDYM転職です。他の有象無象の転職エージェントもありますが、この記事ではキャリアスタートとDYM転職の2つを紹介しています。

これまでのことを踏まえて、「キャリアスタートかDYM転職に相談しよう!」と思った方には、この続きで無料登録方法をわかりやすく説明しています。なお、無料登録は3分でできます。

キャリアスタートに無料で登録する方法
DYMに無料で登録する方法

キャリアスタートに無料で登録する方法

まず、下の画像をクリックして、キャリアスタートの公式ページに進んでください。

そのページの一番下の方に、次の画像のようなお申し込みフォームがあります。非常にシンプルですね。

キャリアスタートのお申し込みフォーム

お名前はあなたの「本名」を入力してください。電話番号とメールアドレスは、あなたが使っているスマートフォンなどの個人で使用しているものにしてください。会社のものはNGです。

すべての入力が終われば、よく確認した上で「送信」のボタンを押してください。これで、無料登録が完了です。

DYM転職に無料で登録する方法

まず、下の画像をクリックしてDYM転職の公式ページに進んでください。

そのページの一番下の方に、「簡単60秒!!! エントリーはこちらから!」と書かれたお申し込みフォームがあります。次の画像のようなものです。

DYM転職のお申し込みフォーム

60秒では入力し終わらない人がいるかもしれませんが、入力フォームの「例」に書いてあるように、あなたの情報をていねいに入力していきます(利用規約を読み飛ばす前提での60秒です。)。

お名前はあなたの「本名」を入力してください。電話番号とメールアドレスは、あなたが使っているスマートフォンなどの個人で使用しているものにしてください。会社のものはNGです。

すべての情報の入力が終わったら、「同意する」にチェックを入れて、入力内容にミスがないかを確認します。ミスがなければ、「今すぐ無料登録する」と書いてあるオレンジ色のボタンを押してください。これで無料登録が完了です。

転職とは ――理想の生活を手に入れるためにできること

転職

転職によって新たなステージへ

終身雇用制度(同じ職場で定年まで働き続ける制度)は崩壊し、今の日本は「転職の時代」と言っても過言ではありません。

転職とは、新しい職場へと仕事の舞台(ステージ)を移すことです。その際に、業種や職種が変わる場合もあります。つまり、転職によって仕事の内容が大幅に変わる可能性があるのです。

例えば、機械系の会社(メーカー)で2年間働いている男性がいるとします。その男性は仕事をそつなくこなし、人柄もよく、職場での評判が良い人物です。しかし、家庭の事情で転職せざるを得ない状況になってしまいました。その数日後、その男性は都会の機械系の会社に転職しましたが、職種が変わってしまったため、仕事に慣れるのに大変苦労しました。

これは、業種は同じですが職種が変わってしまったパターンです。この逆のパターン(職種は同じだが業種が変わってしまったパターン)もあります。

例えば、IT企業で技術営業をしている女性がいるとします。その女性はこの職場で5年ほど働いてきましたが、家庭の事情で引っ越しをしなければならない状況になってしまいました。その女性は転職先でも「技術営業を続けたい」と考えており、実際に技術営業担当になりました。しかし、電子機器のメーカーの技術営業担当となったため、(今の知識量では適切な営業ができないため)新たに勉強すべきことが多く、大変苦労しました。

このように、転職によって新たなステージへと進んだ方々は、それぞれ新たな人生を歩んでいきます。その人生が理想に近ければ良いのですが、理想から遠ければ大変お気の毒だと思います。

転職を考える理由

「あなたはなぜ転職をしたいのですか?」という質問に対して、悩まずにお答えできますか? おそらく、ほとんどの方は「主な理由」だけなら答えられるはずです。

例えば、職場の雰囲気が合わなかった、給料が安すぎる、職場のレベルが低いため成長できない、病気や事故で今の仕事を続けられなくなった……など、その人によって、転職をしたい(またはすべき)理由が必ずあるはずです。そして、転職によって「理想の生活」を手に入れようとしている方も多いと思います。

もし、あなたが「転職をしたい理由」または「転職をすべき理由」をイメージできなければ、転職をすべきではありません。なぜなら、転職によって後悔する可能性が非常に高いからです。

例えば、無料のゲームなら「なんとなく」の気持ちでやめても良いですし、別の無料のゲームを「なんとなく」の気持ちで始めても良いでしょう。しかし、職場は異なります。「なんとなく」の気持ちで転職をしてうまくいくのは本当に運の良い方のみです。

したがって、転職したい理由(転職すべき理由)がイメージできないのは問題がありますので、転職理由を具体的にイメージできるようにしておいてください(ここで、あなたの理想の生活をイメージすると、答えが見えてくるかもしれません。)。

なお、転職を考える理由(転職をしなければならない理由)は人によって異なりますので、あなたの正直な転職理由をよく考えておくことが重要です。