転職とは ――理想の生活を手に入れるためにできること

転職

転職によって新たなステージへ

終身雇用制度(同じ職場で定年まで働き続ける制度)は崩壊し、今の日本は「転職の時代」と言っても過言ではありません。

転職とは、新しい職場へと仕事の舞台(ステージ)を移すことです。その際に、業種や職種が変わる場合もあります。つまり、転職によって仕事の内容が大幅に変わる可能性があるのです。

例えば、機械系の会社(メーカー)で2年間働いている男性がいるとします。その男性は仕事をそつなくこなし、人柄もよく、職場での評判が良い人物です。しかし、家庭の事情で転職せざるを得ない状況になってしまいました。その数日後、その男性は都会の機械系の会社に転職しましたが、職種が変わってしまったため、仕事に慣れるのに大変苦労しました。

これは、業種は同じですが職種が変わってしまったパターンです。この逆のパターン(職種は同じだが業種が変わってしまったパターン)もあります。

例えば、IT企業で技術営業をしている女性がいるとします。その女性はこの職場で5年ほど働いてきましたが、家庭の事情で引っ越しをしなければならない状況になってしまいました。その女性は転職先でも「技術営業を続けたい」と考えており、実際に技術営業担当になりました。しかし、電子機器のメーカーの技術営業担当となったため、(今の知識量では適切な営業ができないため)新たに勉強すべきことが多く、大変苦労しました。

このように、転職によって新たなステージへと進んだ方々は、それぞれ新たな人生を歩んでいきます。その人生が理想に近ければ良いのですが、理想から遠ければ大変お気の毒だと思います。

転職を考える理由

「あなたはなぜ転職をしたいのですか?」という質問に対して、悩まずにお答えできますか? おそらく、ほとんどの方は「主な理由」だけなら答えられるはずです。

例えば、職場の雰囲気が合わなかった、給料が安すぎる、職場のレベルが低いため成長できない、病気や事故で今の仕事を続けられなくなった……など、その人によって、転職をしたい(またはすべき)理由が必ずあるはずです。そして、転職によって「理想の生活」を手に入れようとしている方も多いと思います。

もし、あなたが「転職をしたい理由」または「転職をすべき理由」をイメージできなければ、転職をすべきではありません。なぜなら、転職によって後悔する可能性が非常に高いからです。

例えば、無料のゲームなら「なんとなく」の気持ちでやめても良いですし、別の無料のゲームを「なんとなく」の気持ちで始めても良いでしょう。しかし、職場は異なります。「なんとなく」の気持ちで転職をしてうまくいくのは本当に運の良い方のみです。

したがって、転職したい理由(転職すべき理由)がイメージできないのは問題がありますので、転職理由を具体的にイメージできるようにしておいてください(ここで、あなたの理想の生活をイメージすると、答えが見えてくるかもしれません。)。

なお、転職を考える理由(転職をしなければならない理由)は人によって異なりますので、あなたの正直な転職理由をよく考えておくことが重要です。