Uターン転職に向いている人とは

田舎の水車小屋

給料を優先しない人はUターン転職向き

Uターン転職(都会から故郷の田舎に転職すること)に向いている人は、給料にこだわらない人です。その中でも特に、自由に使えるお金や時間の多い独身の人です。

なぜなら、都会の企業よりも田舎の企業の方が、平均的な給料は低いからです。企業によって与えられる給料の差はあるものの、Uターン転職をして給料が上がった例は珍しいです。

例えば、人材派遣会社に所属しているAさんは、38歳になって「故郷の田舎で仕事をしたい」と考えるようになったとします。Aさんの仕事の実績は、社内の30代の会社員の中でもトップクラスのものでした。

その後、AさんはUターン転職をして、故郷の企業に転職することができました。Aさんには実績やスキルがあるため、順調に仕事を進めることができ、その実力が評価されて給料が上がりました。

このように、実力や実績次第では給料を上げることができますが、基本的にはUターン転職で給料を上げることは難しいと考えてください。

したがって、給料を上げるためにUターン転職をするのはやめてください。現在の職場にもよりますが、基本的には、Uターン転職で給料は上がらないと考えたほうがよろしいです。

Uターン転職の成功体験談

Yさんの体験談

Yさんのイメージ

Uターン転職をして感じた一番のメリットは、親にすぐ会えるようになったことです。今では私の息子を(Yさんの)親に会わせることができますし、私と妻が仕事で忙しい時は、息子を母親に預けることができます。

私の母親は(Yさんの)息子によく会いたがっていたので、お盆休みや正月休みの帰省だけでは足りませんでした。「足りなかった」とは言っても、私の息子と楽しそうに会話している母親は満足そうにしていました。

そんなある日、母親から「(Yさんの父親が)突然入院することになった。」という電話がかかってきたので、地元(親のところ)へ帰りたい気持ちが強くなりました。

そこで「Uターン転職をやろう」と決意したのです。給料が下がるのは承知のうえで、転職活動を頑張りました。見事に地元の中小企業に採用され、新たな人生の幕開けとなりました。

今では入院中の父親と会いつつも、仕事と育児を両立させています。また、息子を親とすぐに会わせられるため、今では「良い親孝行になったな」と感じています

Aさんの体験談

Aさんのイメージ

Uターン転職の一番のメリットは、都会特有のストレスを回避できることだと思います。私は満員電車が苦手で、勤めている企業はブラック企業だったので、入社1年めにして「どうにかしてこの状況から抜け出さなければ」と考えるようになりました。

そこでUターン転職をしたのですが、地元では都会特有の満員電車の苦痛を味わうことがなくなったため、Uターン転職をして正解だったと思っています。しかし、近所にスーパーマーケットやコンビニがないため、車は必需品となっています。

車は維持費がかかるので、私の薄給では贅沢なことはできませんが、それでもUターン転職をして正解だったと思います。

Uターン転職の失敗体験談

Iさんの体験談

Iさんのイメージ

私がUターン転職で失敗したのは地元の村の雰囲気に馴染めなかったことです。私は都会の大学に通い、都会の企業に就職しました。しかし、残業が長かったり、上司がうるさかったりしたので、Uターン転職で地元の村に戻ることにしました。

しかし、私が高校生の頃はあまり意識していなかったのですが、この村では「ご近所付き合い」が重視されており、コミュニケーションの苦手な私は「ご近所付き合い」をできるだけ避けようとしていました。

しかし、村の風習(?)で仕方がなくご近所付き合いをすることになりました。村の人たちには悪いですが、正直なところ面倒です。

このようなことがあって、休日でもストレスを溜めてしまう日々に、Uターン転職を後悔しています。できれば逃げたいところです。

Mさんの体験談

Mさんのイメージ

私がUターン転職で失敗したのは無計画で転職してしまったことです。私は都内で転勤を繰り返し、とても疲れていました。そんな時期に失恋の経験もしてしまい、「もうこんな日常から抜け出したい」と考えるようになってきました。

そこで、楽しかった頃のことばかりを思い出すようになってしまい、「地元に帰りたい」という意識がだんだんと強くなっていきました。そして、Uターン転職をしました。転職先は、地元の零細企業(10名ほどの社員数の企業)です。

しかし、今まで大企業(2000人ほどの社員数の企業)で働いてきたため、地元の零細企業に転職したときの「やってしまった感」は強かったです(給料がかなり下がりました。)。

そして、私は「もうあの頃(大企業で働いていた頃)には戻れない」と思いました。つまり、大企業に所属している恩恵を転職後に感じました。

私は、この後悔から得た教訓として、Uターン転職に限らず、無計画で転職をすべきではないということが言えます。Uターン転職の準備の際に、「自分は何を優先するのか(給料は優先しないのか)」ということを真剣に考えておく必要がありました。

自己判断でのUターン転職は危険である

給料を優先しない人はUターン転職をしてもよいのかもしれませんが、前述の「失敗体験談」であったように、自分の判断だけでは思わぬミスをしてしまうリスクがあります。

そのようなときは、あなたのご家族やご友人と転職に関する相談をするのも良いですし、転職の成功確率をアップさせたければ転職エージェントを利用するという手段もあります。

サッカー選手がサッカーのプロであるように、転職エージェントは転職のプロですので、Uターン転職に限らず、転職について悩み事があれば相談すると良いでしょう。

なお、私のサイトで紹介している転職エージェントはすべて無料で利用できますので(電話面談可のところもあるので)、Uターン転職を成功させたいときは、ぜひご利用ください。

・【無料】おすすめの転職エージェント

前述の「成功体験談」の方々は運良く成功しただけであって、自己判断でのUターン転職は本当にやめておいたほうが良いです。したがって、成功確率を上げたければ必ず相談しましょう。